顎に出来た白い角栓を何とかしたい!綺麗な取り方は?

 

角栓といえば、Tゾーンをイメージする方が

 

多いかもしれませんが

 

実はにも出来てしまうことがあるのです。

 

に白い角栓が出来てしまうと見た目が悪いだけでなく

 

女性の場合だと化粧ノリが悪くなってしまいます。

 

今回は、そんな顎に出来る白い角栓について

 

解説していきますよ!

 

顎に出来る白い角栓の特徴とは?

 

何気なく顎を手で触ったときに

 

手にザラザラとした感触を感じたことはありませんか?

 

実はこのザラザラしたものが角栓なのです。

 

顎に出来る角栓には2種類存在する?

 

上で紹介したザラザラした角栓とは別に

 

やわらかい角栓も存在します。

 

それぞれの特徴と取り除き方を見ていきましょう。

 

①ザラザラタイプの角栓

 

 

角栓と聞くと皮脂のイメージが強いかもしれませんが

 

皮脂とは別に古い角質も含まれています。

 

皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴に詰まることで

 

白い角栓が出来てしまいます。

 

皮脂自体は決して悪いものではなく

 

普段は肌から乾燥や雑菌の侵入を防ぐ

 

役割を担っています。

 

しかし、肌が乾燥していると

 

それらを潤そうとして過剰に皮脂が生み出されてしまいます。

 

また、過度な洗顔が乾燥の原因になっていることもあります。

 

必要以上に皮脂を落としてしまうことで

 

本来は肌を乾燥から守るはずだった皮脂まで

 

失ってしまい、このことが皮脂の過剰な分泌を

 

引き起こしてしまいます。

 

更に、肌の乾燥は肌のターンオーバーを乱す原因にもなります。

 

通常、古くなった角層は一定の周期で剥がれ落ちますが

 

肌のターンオーバーが乱れることで

 

古い角質がいつまでも肌に残ってしまい

 

それが過剰に生み出された皮脂が混ざることによって

 

毛穴を詰まらせて白い角栓となってしまいます。

 

このように出来た角栓は皮脂と角質が

 

毛穴に詰まっている状態なので

 

ザラザラとした感触になります。

 

②やわらかいタイプの角栓

 

 

上でご紹介したザラザラした角栓は

 

ピンセットでつまもうとしたり、毛穴パックを使うことで

 

取ることができますが、やわらかいタイプの角栓の場合

 

取れないことがあります。

 

これは、顎に出来た白い角栓の大部分が皮脂で出来ている場合や

 

メイクの汚れをしっかりと落とし切れていない場合などが

 

考えられます。

 

鼻や頬のような出っ張った部分は洗いやすいですが

 

顎のような少しくぼんだ部分は洗い残しがある場合があります。

 

洗い残しがあると、皮脂やメイクの汚れを完全に落とし切れず

 

これらの汚れが毛穴に詰まってしまい白い角栓になってしまいます。

 

このように出来た角栓は、角質をあまり含まないため

 

やわらかい感触になります。

 

①ザラザラタイプの治し方

 

過度に洗い過ぎない

 

皮脂がべたべたしていると一日に何度も顔を

 

洗いたくなってしまうかもしれませんが

 

過度な洗顔は本来必要な皮脂まで落とすことに

 

なってしまうので逆効果になってしまいます。

 

皮脂には肌の潤いを守る役割があるため

 

洗顔は朝と夜の2回で十分です。

 

正しい洗顔方法を取り入れる

 

 

洗顔の際、汚れを落としたい一心で

 

ゴシゴシとこすってしまう人がいますが

 

これは絶対NGです。

 

こすり洗いは肌への大きなダメージとなり

 

乾燥を引き起こしてしまいます。

 

顔を洗うときは洗顔ネットなどを使い

 

しっかりと泡立て、優しくなでるように洗いましょう。

 

また、洗顔後は保湿ケアもセットで行いましょう。

 

②やわらかいタイプの治し方

 

洗い残しがないようにする

 

鼻や頬などはベタつきが気になって念入りに洗う人は多いですが

 

顎のような顔のふちはあまりベタつきが気にならないため

 

意外と洗い残しが多い人が多い場所なのです。

 

洗い残しが多いということは

 

皮脂やメイクの汚れが落ちずに残ってしまいます。

 

洗顔するときにゴシゴシこすり過ぎない

 

顎に白い角栓が出来てしまうと

 

気になって洗顔に力を入れ過ぎてしまいがちです。

 

力を入れてこすったり、タオルで拭きあげるときに

 

ゴシゴシこするのは絶対にやめましょう。

 

過度な摩擦が原因で肌が傷付いてしまい

 

かえって肌の状態を悪くしてしまいます。

 

油っぽい食事を避ける

 

 

皮脂の多さで悩んでいる場合は

 

食生活を見直すのも解決方法の一つになります。

 

皮脂は主に中性脂肪から出来ています。

 

食事で摂取した脂質糖質は、エネルギーとして

 

身体で使われた後、余った分は中性脂肪として

 

体に蓄えられます。

 

皮脂は中性脂肪があればあるだけ作り出されるため

 

この中性脂肪を溜め込まないことが重要になってきます。

 

生クリームなどをたっぷり使ったスイーツは

 

動物性脂肪砂糖も加わるため皮脂が非常に

 

生み出されやすくなってしまうので注意が必要です。

 

脂質も糖質も体にとっては無くてはならないものなので

 

一切取らないのは問題になってしまうので

 

バランスを考えた野菜を中心とした食生活を心掛けましょう。

コメントを残す