背中に黒いゴマのようなものが!一体これはなに?

 

背中に違和感がすると思ってボリボリと

 

かいていたら黒いゴマのようなものが

 

ポロっと取れてしまった。。。

 

こんな経験をしたことはありませんが?

 

背中から黒くてかたい異物が取れたら

 

誰だって不安になりますよね。

 

今回はそんな背中に出来た

 

黒いゴマのようなものの正体に迫ります。

 

黒いゴマの正体とは?

 

背中に出来る黒いゴマのようなものですが

 

正体はズバリ「酸化して黒くなった角栓」です。

 

背中に出来た角栓が剥がれ落ちずに

 

そのまま酸化してしまうことで

 

黒いゴマのようになるのです。

 

ではなぜ角栓が出来てしまうのでしょうか?

 

角栓とは

 

 

身体の皮膚というのは常に新陳代謝を繰り返しています。

 

その際、古い細胞は表面に押し上げられて角質となります。

 

通常、この角質は一定の時間が経てば垢となって

 

剥がれ落ちるのですが

 

ホルモンバランスが崩れたりして体調を崩してしまうと

 

ターンオーバーが乱れてしまい

 

剥がれ落ちるはずの角質が皮脂などと

 

混ざり合って毛穴に残ってしまうことがあります。

 

角栓が出来る原因とは

 

角栓が出来る原因は

 

古くなった角質がターンオーバーの乱れで

 

いつまでも毛穴に残ってしまうことだと説明しました。

 

では、どうしてターンオーバーが乱れてしまうのでしょうか?

 

ターンオーバーが乱れる原因は?

 

ターンオーバーは、生活習慣やストレス、加齢などが

 

原因となって乱れてしまうと言われています。

 

この中で、生活習慣に関しては

 

比較的自分でコントロールしやすいので

 

常に意識して改善していくことが重要です。

 

角栓を除去する方法

 

 

角栓を除去しようとなると

 

毛穴パックピンセットを使って

 

無理やり取っているという方も多いのではないでしょうか?

 

毛穴パックやピンセットを使ったケア方法は

 

角栓を取ること自体は出来るのですが

 

肌へ大きな負担がかかってしまうため

 

おすすめできません。

 

皮膚の表面は0.2ミリしかないと言われており

 

そんなデリケートな肌に強引な方法は

 

ダメージが強すぎてしまうのです。

 

また、角栓を無理に取ってしまうと

 

新たな角栓が詰まりやすくなってしまうという

 

デメリットなども出てきます。

 

毛穴パックを使った直後は綺麗になるだけで

 

結局は悪化することのほうが多いので

 

無理に取り除くのはやめましょう。

 

角栓の正しい除去方法

 

角栓が出来てしまっても

 

先程説明した通り、無理やり取らないことが重要です。

 

自分で角栓を除去していくには

 

毎日のスキンケアを見直していくことが

 

重要になってきます。

 

洗顔の前にホットタオルを使って毛穴を開いたり、

 

ゴシゴシこすらず泡の弾力を使って洗うなど

 

スキンケアの基本ともいえる洗顔の方法を見直してみましょう。

 

皮膚科で治せる?

 

 

毛穴に出来た角栓は、皮膚科で解決できる

 

場合もあります。

 

ただし、保険が使えない場合が多いので

 

費用については事前にきちんと確認しておきましょう。

 

皮膚科での治療は、主に「ピーリング」

 

呼ばれる治療法が採用されます。

 

ピーリングとは「酸」を使った薬剤で

 

角質を剥がすという治療法です。

 

ピーリングにも

 

ケミカルピーリング

レーザーピーリング

ホワイトピーリング

 

といった種類が存在しますが

 

肌に優しいと言われている

 

ホワイトピーリングがおすすめです。

 

毎日のスキンケアと合わせて

 

自分にあったケアをしていきましょう。

コメントを残す