鼻の毛穴を押すと白いニュルニュルが・・・ その正体に迫る!

 

鼻をギュッとつまんだら

 

毛穴から油のような白いニュルニュルが・・・

 

ニオイもなかなかキツイこの白いニュルニュルですが

 

一体なにものなんでしょうか?

 

今回はそんな謎の白いニュルニュルの正体に

 

迫っていきますよ!

 

白いニュルニュルの正体とは?

 

白いニュルニュルの正体、それは「角栓」です。

 

角栓と聞くと皮脂をイメージをする人が多いですが

 

角栓は皮脂古い角質が混ざり合って出来ています。

 

通常であれば、皮膚の新陳代謝とともに

 

体外に排出されるのですが

 

ストレス生活習慣の乱れなどが原因で

 

毛穴のターンオーバーの周期が乱れてしまうと

 

体外に排出されずに

 

毛穴の中に残ってしまいます。

 

また、毛穴に残った角栓は最初は白いですが

 

長期間残り続けてしまうと

 

酸化して黒ずんでいってしまいます。

 

どうしてニオイがキツイ?

 

 

白いニュルニュルは、酸化して黒ずんでいけばいくほど

 

脂くさい特有のニオイを発するようになります。

 

鼻から角栓を取り除いたものもニオイがしますが

 

毛穴に詰まっている状態でもニオイはあります。

 

出来てしまった角栓はどうすればいい?

 

通常であれば新陳代謝で自然と剥がれ落ちる

 

白いニュルニュル。

 

では、剥がれ落ちずに毛穴に残ってしまっている

 

場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

無理やり取るのはだめ!

 

 

先程、毛穴に角栓が残り続けてしまうと

 

黒ずんできてしまうとご説明しました。

 

では、出来てしまった角栓は無理をしてでも

 

いち早く取り除くのが正解なのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

毛穴パックピンセットなどを用いて

 

無理やり角栓を取り除くと

 

角栓が入っていた毛穴は開いてしまいます。

 

さらに、開いた毛穴をそのままにしておくと

 

更に汚れが入りやすくなります。

 

じゃあ結局どうすればいいの?

 

毛穴に出来てしまった角栓ですが

 

無理やり取るのがだめだからと言って

 

そのまま放っておくのも問題です。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

答えは「時間をかけて少しずつ改善していく」

 

ことです。

 

日々のケアを見直す

 

毛穴に詰まってしまった白いニュルニュルですが

 

そもそも肌のターンオーバーがしっかりしていれば

 

こんなことにはならずに済んだはずです。

 

つまり、出来てしまった角栓をどうすることよりも

 

日々のスキンケアなどを見直して

 

角栓が残り続けてしまわないようにすることが

 

重要になってくるのです。

 

洗顔を見直す

 

 

洗顔をしていないという人はさすがにいないとは思いますが、

 

毎日行っている洗顔をきちんと正しい方法でやれている人は

 

意外と少ないのです。

 

洗顔をする上で一番やってしまいがちなミスは

 

肌をゴシゴシこするように洗ってしまうことです。

 

特に、汚れがひどい部分であると

 

皮脂やメイク汚れをしっかりと落とさなければと

 

思ってついつい力が入ってしまいがちですが

 

ゴシゴシこすることは肌への大きな負担になってしまいます。

 

しっかり洗い落としたい部分は

 

たっぷりと泡立てた泡の弾力を使って

 

優しくなでるように洗いましょう。

 

泡立てネットなどを使うと

 

簡単に弾力のある泡を作ることが出来るので

 

おすすめですよ。

 

また、洗顔後の顔を拭きあげる際も

 

清潔なタオルを使って

 

ゴシゴシとこするように拭かないように

 

気を付けましょう。

 

せっかく肌に優しい洗顔が出来ていても

 

こすってしまったりたくさんの雑菌が付いたタオルを

 

使用してしまっては台無しになってしまいます。

コメントを残す